Product-6.2

P2P間 Unreliable & Reliable メッセージング支援

P2P間UDPを利用して通信することはTCPに比べて作りやすいが、損失が生まれる可能性があります。
こういう場合、P2Pで送ったチャットメッセージの漏れの問題が発生する可能性があります。
ProudNetはこの問題も解決するためTCPと似たような方式のARQテクニックを内臓し、P2P間にも信頼性があるメッセ-ジングを可能にします。

高い ホール・パンチング維持率

安定的なP2Pの通信のためには長時間数多くのP2P接続、大量の通信量でも生き残れるテクニックの方がより大事です。
インターネットカフェや中国などでは数十台、数百台のパソコンが一つのルーターを使う場合があります。
このような場合、P2Pの通信量が過剰なインターネットルーター内のポートマッピングエントリーリストがフルとなり、インターネットの接続切れ現象が往々に発生する恐れがあります。
ProudNetは

  • Just-in-timeホール・パンチング機能
  • ポートマッピング再使用機能
  • ポートマッピングエントリーが重なる問題が起こらないようにする機能

が搭載されています。

ホールパンチングリレー自動切替機能

P2P アクセスが成功的としてもトラフィック使用量やルーターの状況によりホールパンチングはいつでも蒸発する可能性があります。 これをコントロールできなかったら、 一緒にプレイをしてたプレーヤーが急に動かないなど予想よそうしていなかったトラブルが 発生します。 ProudNetはP2P 連結状態を感知し、ホールパンチングとリレーを適切に活用します。 ホールパンチングが蒸発したとしても リレーを通じて ProudNetを使う使用者には アクセス切れではなく、少しのレイテンシであるからです。 ゲームサーバー開発者の立場からP2P通信が常に維持される過程上で安心してゲームプログラム開発を続けられます。

Just-In-Time ホールパンチング

ssd

  • P2P Groupを結ぶと、ユーザーのメッセージは一段リレーで処理され、内部ではホールパンチングを試みます。
  • ホールパンチングが成功した後はダイレクトメッセージングを行うようになります。
  • したがって、ユーザーはP2P Groupを結んだ直後、待たずにP2P通信が可能になります。内部での自動的なリレー/ホールパンチングの切り替えが可能であるためです。